図書館内乱

4.12
  • (1793)
  • (1348)
  • (1139)
  • (43)
  • (11)
本棚登録 : 8902
レビュー : 953
著者 :
kaizenさん 有川 浩   読み終わった 

図書館戦争の続き。
主人公の2人だけでなく、脇役の人達の話題も豊富になる。

「レインツリーの木」という小説が登場する。この本とは別に有川浩が「レインツリーの木」という本を書き上げるという念の入れよう。
「レインツリーの木」は、家族が突発性難聴になって、聴覚障碍について詳しく調べたとのこと。

深い調査とベタ甘な軽い乗りとが混在しているところが有川浩の魅力かもしれない。

話の流れとしては、起承転結の承の部分にあたる。
起に劣らず,高い緊張(tension)を保っている。

レビュー投稿日
2012年9月8日
読了日
2012年9月8日
本棚登録日
2012年9月8日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『図書館内乱』のレビューをもっとみる

『図書館内乱』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする