少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ (岩波新書)

3.47
  • (13)
  • (30)
  • (53)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 369
レビュー : 42
著者 :
kakabalikaさん 日本   読み終わった 

日本の少子化について、女性が働くようになったからではなく、他の原因があるのではないかというのがきっかけで書かれた本。
合計特殊出生率が低いのは一時的なものとバブルの頃には言われていた。
少子化は結婚、子育てなど身近な領域のため、誰でも発言ができる。
少子化の主因は若年男性の収入の不安定化とパラサイトシングル現象の合わせ技。
何かから逃れるための消極的な選択肢としての結婚があるように感じる。

レビュー投稿日
2017年10月30日
読了日
2017年10月30日
本棚登録日
2017年10月30日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ ...』のレビューをもっとみる

『少子社会日本―もうひとつの格差のゆくえ (岩波新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする