半年で職場の星になる! 働くためのコミュニケーション力 (ちくま文庫)

4.07
  • (24)
  • (20)
  • (15)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 293
レビュー : 29
kakapo1233さん 自己啓発(マナー・教養)   読み終わった 

 やらなければならないことを把握して、自分のできることをそれに合わせていくように勉強する。自分のやりたいことをそれに重ね合わていく取り組めば、自然に能力がついて、周囲の信頼を得られ、意見も通りやすくなる

「目標がはっきりしていて、それが、組織や社会とリンクしている人は、おのずと言動も一致してくる。”自分信頼性=メディア力”に、コツコツと貯金がたまっていき、やがて社内外の人々の信頼を得ていくはずだ…信頼の絆ができたとき、あなたの発信も仕事も、グンと届きやすくなる。そこからが、あなたの出番だ。」

 実は私、この本の前に、ズーニーさんの“「働きたくない」というあなたへ”という本を読み始めたことがありました、それは途中で挫折して見失ってしまったのです。何か、妙に固定観念に縛れている感じで押し付けがましかったんですよね。それに比べると、この本は誰にでも受け入れられる信念に支えられていて、良いと思います。

「会社に勤めている人は、会社を通して社会と繋がっている。仕事をして給料をもらっているというわけではなく、会社を通して社会に貢献することで、その見返りとして収入を得ている。」これは、私の言葉で言換えたことですが、ズーニーさんのそんな哲学が伝わってくる内容でした。だから、自分がやりたいことと、会社に期待されやらなければならないことを可能な限り一致させるように努力して、できることにしていかなければならない。それが貢献の最大化!

レビュー投稿日
2017年7月23日
読了日
2017年7月23日
本棚登録日
2017年7月23日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『半年で職場の星になる! 働くためのコミュ...』のレビューをもっとみる

『半年で職場の星になる! 働くためのコミュニケーション力 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『半年で職場の星になる! 働くためのコミュニケーション力 (ちくま文庫)』にkakapo1233さんがつけたタグ

ツイートする