99%の会社はいらない (ベスト新書)

3.55
  • (44)
  • (142)
  • (143)
  • (26)
  • (4)
本棚登録 : 1195
レビュー : 149
著者 :
kakapo1233さん ビジネス(経営)   読み終わった 

 会社には、堀江さんが仰るところの「できない理由」をデータに基づいてまとめるような、成果を生まない仕事を求める風潮があると思います。

 会社の目的は利益と存続なのか、それとも顧客の創造と維持なのか、という問いに対する答えは、人によって異なると思いますが、仮に利益が目的だとしたら会社よりも効率の良いシステムをつくることは可能なのかもしれませんね。しかし、多くの人は、安定した報酬が得られるという安心感が無いと落ち着い働けないと思いますので、個人にとっては、会社というシステムも必要なのかもしれませんね。ただ、堀江さんが仰る通り、ライブドアですら社員の質は玉石混交にだったそうなので、会社というシステムには、質の悪い社員が混入する恐れがありますが…

 会社ばかりではなく、国家(政府)も同じだと思いますが、人が増えると必ずしも利害が一致するわけではないので、ベクトルがズレてきて効率が悪化することがありますよね(効率が良すぎるのも暴走という別の問題を生みますが…)。多くの人が力を余すことなく発揮し、大きな成果を出せるようなシステムを構築するためには、先ず健全な企業理念が必要なのではないか?と思います。

 よく「部分最適ではなく、全体最適を目指せ!」なんて言いますが、会社にとっての全体最適って何でしょうね?歴代の社長が、自分の代だけの利益を追求するようでは、顧客の創造及び維持どころか、会社の存続も危ういということは、日本の製造業が証明済です^^;

レビュー投稿日
2018年3月24日
読了日
2018年3月24日
本棚登録日
2018年3月24日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『99%の会社はいらない (ベスト新書)』のレビューをもっとみる

『99%の会社はいらない (ベスト新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『99%の会社はいらない (ベスト新書)』にkakapo1233さんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする