kakerikoさん  未設定  読み終わった 

永遠の命よりたった一度の愛


僕ら猫からすれば
人間の心って面倒くさいよね
いや、口から出る言葉と、心と、
体がバラバラだからさ…

負の想像ばかり逞しくしてどうするの。
相手を思い遣る気持ちが自分の要求の前にみえなくなるなんてこともね…
どんなことも心向きが大切だってこと、
教えてあげたいよ。

僕らみたいに、吹く風に身を任せてごらん…
もう少し楽になるよ、たぶんね。

それと、人間サマを見ていて
分かったこと。。

後から分かるんだ
愛ってやつは。。。
だから、今、一緒にいられる人を
(猫をw )大切に✨ (=^x^=)

レビュー投稿日
2015年11月2日
読了日
2015年11月2日
本棚登録日
2015年7月18日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『100万分の1回のねこ』のレビューをもっとみる

『100万分の1回のねこ』のレビューへのコメント

さん (2015年11月25日)

この前実家のねこちゃんが寿命で亡くなってしまいました。RlKOさんのレビューを読んで改めて今一緒にいられる人を大切にしないといけないと思いました。限りある命は大切にしないといけないですね。

kakerikoさん (2015年11月25日)

こんばんは。嵐さん、度々ありがとうございます。体は小さくても猫ちゃんはかけがえのない家族。いなくなって気付くことって沢山ありますよね。仰る通り限りある命を、時間を大切にしたいと思います。
この本は佐野洋子さんの絵本『100万回生きたねこ』のオマージュとして様々な作家さんが猫にまつわる新たなストーリーを生み出してくれていて興味深かったです。ではでは(^-^)

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする