家守綺譚 (新潮文庫)

4.15
  • (1264)
  • (761)
  • (718)
  • (47)
  • (13)
本棚登録 : 6290
レビュー : 928
著者 :
kakerikoさん  未設定  読み終わった 

亡き友の家の家守となった主人公征四郎が、四季と通じ合うゆったりとした空気の中で出会う数々の怪奇、でもそれに対して恐れたり疑ったりすることなく受け入れてしまう主人公がとっても良いなと思う。出てくる自然とのエピソード(サルスベリに嫉妬されたり、河童を助けたり…)が想像力をかきたてられる。又、亡き友がふら~と現れてぼそっつとつぶやきまたあの世へ帰っていくのも心くすぐられる。さすが、本屋さん大賞ノミネートされただけある。手元に置いて心を軽くしたいときに読みたくなる一冊です。

レビュー投稿日
2014年10月19日
読了日
2011年11月18日
本棚登録日
2014年10月9日
4
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『家守綺譚 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする