いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)

3.72
  • (115)
  • (149)
  • (116)
  • (38)
  • (14)
本棚登録 : 1733
レビュー : 210
kalitanさん 小説一般(海外)   読み終わった 

ちょっと奇妙な日常を舞台にした16編の短編集。
人はあまりに長く孤独でいるとおかしなことをしてしまう。トンチンカンな挙動をしたり、そうでなければ思いに捕らわれて固まってしまったり。そんな日々の些細なことを連ねて物語の骨格ができている。個々の出来事はたいしたことではないけれど、反応としての行動から、本人にも無自覚に心の動きが語られていく。どんなふうに物語をまとめ上げているのか不思議に思える作家の技。ああ、あるあるこういうこと……と共感するところ大なのだけれど、いかに孤独すぎる人の挙動を熟知しているかがバレるので、人に読んだ読んだと言うのは恥ずかしかったりする。
しかし、孤独な人は絶望の淵に沈んでいるわけではない。川底を歩いている。時には差し込む光に手を振ったり、スキップしたりすることだってあるーーという感じがした。

レビュー投稿日
2016年8月17日
読了日
2016年10月2日
本棚登録日
2016年8月17日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・...』のレビューをもっとみる

『いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)』にkalitanさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする