劇画ヒットラー

3.64
  • (6)
  • (6)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 9
著者 :
kalitanさん マンガ   読み終わった 

水木しげるによる伝記マンガ。浮浪者から政党リーダーになったヒットラー、なぜか彼を押し上げてしまうドイツのグダグダな状況が、端的に描かれていて納得できた。
 意見や論評を差しはさまないで描く水木サン流で、ユーモアもにじみます。初出は昭和46年だけど古くさくなく、絵が上手いのでちゃんとヨーロッパが感じられます。
 平成15年のあとがきの回想で「当時のヒットラーさんは格好が良かったネ」と誤解を恐れず述べているのがまた水木サンらしい。自分の感情も引いて見ている、そういうスタンスが良いと私は思うのです。

レビュー投稿日
2016年4月10日
読了日
2016年4月10日
本棚登録日
2016年4月10日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『劇画ヒットラー』のレビューをもっとみる

『劇画ヒットラー』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする