読んだら忘れない読書術

3.57
  • (181)
  • (460)
  • (398)
  • (104)
  • (27)
本棚登録 : 3467
レビュー : 667
著者 :
show -taさん  未設定  読み終わった 

著者の他作品アウトプット大全から、転戦して読んだ。
1番の感想は、自分が「読んだつもりの自己満足読書」ばかりだったことに気がつかせられた。

冒頭は読書のメリットの説明。「自己成長に繋がらない読書は意味がない」「考え方と行動が変化すると現実が変わる」科学的な根拠をわかりやすくまとめてある。読書したいモチベーションを上げてくれる。

中盤から終盤にかけては、具体的な読書術の説明。「読書は量ではなく、質」「本は議論できる水準で読め」が刺さった。記憶への残し方、効率的で効果的な読み方が、複数説明されている。自分に合うものをピックアップして、組み合わせて実践していこうと思う。

終盤は本の選び方、本の買い方。「たくさん読むより、何を読んだかが10倍大切」「一冊ごとに元を取ろうとせずに、トータルで元をとる」ジャンルと自分のステージを考えて選ぶ。バランス良く読むことの大切さを知る。

自分一人の知識や経験は、ちっぽけ。
本には2000年以上の人類の叡智が詰まっている。
その叡智を、自分の中に取り込み、定着させ、考え方と行動を変化させ、現実を変える力としたい。
綺麗事のようだが、この本を読むと、そう感じられた。いい本と出会えた。

レビュー投稿日
2019年4月16日
読了日
2019年4月3日
本棚登録日
2019年1月9日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『読んだら忘れない読書術』のレビューをもっとみる

『読んだら忘れない読書術』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする