自治体コンプライアンスの基礎 (地方自治・実務入門シリーズ)

4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 2
著者 :
制作 : 北村 喜宣  山口 道昭  出石 稔 
kameiabduljabbaさん  未設定  読み終わった 


著者が思うコンプライアンスとは、序文にある通り「現場で得られた知識や経験に裏打ちされた説得力を持って国が提示した従来の解釈の変更や自立立法に果敢に挑戦していく。これこそが現代のコンプライアンスである」であり、単なる法令遵守ではない。
自治体は国の政策を実行する単なる執行機関ではない。
勝手な解釈だか、市民に寄り添い、法を解釈し、条例を創造できる職員を育てたいとの思いで、この著書は書かれていると感じた。
条例が法令に優先する、自治通則法を提唱する著書ならではの視点がこの著書の裏にあると感じる。
これからの自治体を支える若手公務員に読んでもらいたい一冊である。

レビュー投稿日
2017年10月6日
読了日
2017年10月6日
本棚登録日
2017年10月1日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『自治体コンプライアンスの基礎 (地方自治...』のレビューをもっとみる

『自治体コンプライアンスの基礎 (地方自治・実務入門シリーズ)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする