「ごじゃ」の一分 竹中武 最後の任侠ヤクザ

著者 :
  • 講談社 (2017年4月26日発売)
2.89
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 38
感想 : 3
2

サブタイトルにあるように、まさに「最後の任侠ヤクザ」だった山口組四代目組長・竹中正久の弟・武の生きざまを描いた本。
彼らの世界のことは分からないが、自分が思っている筋を完全に貫きとおしたからこそ、その世界で一目置かれる存在であり続けられたのだろう。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2018年1月16日
読了日 : 2018年1月16日
本棚登録日 : 2018年1月16日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする