春になったら莓を摘みに (新潮文庫)

3.76
  • (331)
  • (327)
  • (518)
  • (43)
  • (7)
本棚登録 : 3018
レビュー : 323
著者 :
kani-nekoさん リラックス   読み終わった 

最後の部分、

You are not capable・・・・・

"You are capable."を「あなたならやりかねない」と考えて、そのnotなので、「あなたであってもできない」という解釈をすることにしました。

日本を訪れた友人が、「人と人が本当に相互理解して、お互いを認め合ったり助け合ったりして生きることや、違う国に住んでいて文化が違ったとしても人が分かり合うことは、頑張ったらできるんじゃないかと考えている(ように予てから見えていた)」作者に対して、「文化の違いは大きいと実感した。アフリカとかに比べれば受け入れやすいだろうと考えていた日本でもこんなに差がある。君がどんなに分かり合おうと思っても文化が違う人に相互理解を押しつけるのは無理だ。そういうのを取り除くのはできないよ。しょうがないよ」
という半分あきらめ、半分慰めの言葉だったんだと思います。

あくまで私の解釈です^^

レビュー投稿日
2011年8月14日
読了日
2011年8月13日
本棚登録日
2011年8月14日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『春になったら莓を摘みに (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『春になったら莓を摘みに (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『春になったら莓を摘みに (新潮文庫)』にkani-nekoさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする