黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)

3.49
  • (243)
  • (372)
  • (605)
  • (119)
  • (31)
本棚登録 : 3045
レビュー : 395
著者 :
kannukiataruさん  未設定  読み終わった 

読了後のあのなんとも言えない仄暗い気持ちが忘れられない。彼らはきっと神の国の話をしているのだ。計画に至る経緯だとか各々の心理がわからない、という声は多くの高村作品で言われることではあるが、私はこの作品にそういう描写は必要ないと思う。もっと言うならこの作品にいたっては、少なくとも幸田さんの心理は駄々漏れである。

レビュー投稿日
2012年12月3日
読了日
2012年12月3日
本棚登録日
2012年12月3日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『黄金を抱いて翔べ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする