茂吉 幻の歌集『萬軍』――戦争と斎藤茂吉

著者 :
制作 : 秋葉四郎 
  • 岩波書店 (2012年8月29日発売)
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
5

かしこみて勇みだちける十二月八日の朝を永久【とは】にさだめつ    斎藤茂吉

 太平洋戦争開戦の日、「十二月八日」。その1年後、1942年の歌である。これらを収めた歌集「萬軍【ばんぐん】」は、45年夏に「決戦歌集」として刊行するべく準備されていた。
 ところが直後に敗戦。歌の内容が時勢にそぐわず、刊行は見送られた。そのため、「萬軍」は「幻の歌集」となった。
自筆原稿は弟子の佐藤佐太郎が預かっていたが、いつしか不思議な動きが起こる。どのような経緯か、ガリ版刷りの「萬軍」が古書店に出回り、高値で売られるようになったのだ。ミステリアスなその間の事情は、秋葉四郎の近著に詳しい。流布本と、原本との異同も確かめ、自筆原稿を写真版で収めた貴重な編著書である。
 それにしても、「萬軍」はほぼ戦意高揚にかかわる歌群である。茂吉はなぜ、そのような戦争詠を量産したのだろうか。
 1882年(明治15年)生まれの茂吉は、日露戦争はじめ、大きな戦争の世紀を生きた世代。しかも、第1次世界大戦の敗戦国ドイツに留学した体験が、「敗戦」を極度に恐れる戦争観の源となり、「武装」した短歌の量産につながったという。
 還暦を超え、歌壇的には大家という立場にあった茂吉は、新聞やラジオ放送で公的な歌を依頼されることも多かった。それらを「ユニフォーム歌」と語り、役割期待に応えた側面もあった。
 現在、集英社から「戦争×文学」という全20巻のアンソロジーが刊行中であり、敗戦後の茂吉の歌も収録されている。

 (2012年12月2日掲載分)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2013年1月2日
読了日 : 2012年12月2日
本棚登録日 : 2013年1月2日

みんなの感想をみる

ツイートする