戦争の歌 (コレクション日本歌人選 78)

制作 : 松村正直 
  • 笠間書院 (2018年12月14日発売)
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 3
5

かうもたやすく戦争といふ言葉が口にされるモツプの心理をおそれる
  西村陽吉
 
 平成の30年間、日本では戦争がなかったことは、近代短歌史をながめても特筆すべきことかもしれない。

明治の日清・日露戦争から昭和の太平洋戦争までの代表歌51首を解説した、松村正直「戦争の歌」を読み、その思いを強くした。時代と生活に密着した近代短歌は、戦線や銃後の感情も詠みこみ、戦争記録文学としての一面もあったのだ。

たとえば、日中戦争のころに注目された次の歌。

  遺棄死体数百といひ数千といふいのちをふたつもちしものなし 土岐善麿

 この「遺棄死体」は、中国軍の戦死者を念頭においたようだが、報道では人間の貴い命が簡単に数値化されてしまう。個々の「いのち」の重みは、戦争の時代であっても変わらないことを、率直に述べた秀歌である。

 太平洋戦争下では、ベテランの歌人が、新聞や雑誌に求められて多くの戦意昂揚歌を発表していた。短歌はさまざまな意味で、「戦争」に敏感な詩型でもあるのだ。

 掲出歌は、昭和初期の口語自由律短歌である。「モツプ」は英語のmob(大衆、群衆)で、現在ではモッブと表記されることが多い。命の重みと遠いところで口にされる戦争という言葉と、一方向に誘導されやすい大衆心理を危惧した歌である。

 新しい元号になってから、戦争という言葉は短歌にどのように現れるのだろう。注意深く、目を凝らしていきたい。(2019年2月17日掲載)

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年2月17日
読了日 : 2019年2月17日
本棚登録日 : 2019年2月17日

みんなの感想をみる

ツイートする