三毛猫ホームズの駈落ち (角川文庫)

3.38
  • (22)
  • (28)
  • (97)
  • (12)
  • (0)
本棚登録 : 472
レビュー : 23
著者 :
kansasさん  未設定  読み終わった 

土地持ちの大富豪・片岡家と山波家は先祖代々伝統的に犬猿の仲が続いていた。片岡家の長男義太郎と山波家の長女晴美が相愛の仲となって駈落ちするに至り、事態は益々紛糾した。それから12年、片岡家の三男と山波家の一人息子が刺し違えて死亡する事件が起こった。だがそこに殺人の匂いが、何と使用された凶器に指紋が無かったのだ!そして第2、3の事件が・・・。三毛猫ホームズ第3弾。


三毛猫ホームズの駈落ち
物語は片岡家の長男義太郎と山波家の長女晴美が相愛の仲となって駈落ちする12年前の出来事から始まります。私が思うこの「三毛猫ホームズの駈落ち」のテーマは「家族、愛のあり方とその変化」と思いました。


まず家族、愛のあり方ですが、そもそも義太郎と晴美が駈落ちすることになったきっかけは両家の険悪な仲。彼らは互いに思い合うことさえ許されること無く死を覚悟して共に逃亡します。彼ら二人を追い詰めることになった最も大きなものは「家族のあり方、愛」だと思います。片山家はこうあるべきだ、山波家はこうあるべきだというよく言えば伝統を重んじた、悪く言えば凝り固まった古い考えが両家を支配しています。この支配は家族を愛するが故のものです。このゆがんだ愛が結局は今回の事件を生んだと思います。


そして、家族と愛は次第に変化していきます。それは義太郎と晴美にいえることです。どれだけ愛し合っていても時間でその愛は変わっていく・・・それが常に悪い結果を生むわけでは勿論無いけど、悪い結果を生むこともある。そんな現実とリンクすることを感じました。


しかし、こんな状況でもテンポ良く読み込めるのは片山のお陰です。彼に感情移入することでどんどん読んでいけます。片山は本当に心が広く優しい人間・・・、それは常々感じます。


さて、この事件は最終的に勿論終焉します。しかしこの事件のきっかけを生んだ両家は今後どうなるのか?そこをしっかり読者に考えさせるところがこの作品の良いところ。

レビュー投稿日
2012年10月21日
読了日
2011年12月14日
本棚登録日
2011年12月14日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『三毛猫ホームズの駈落ち (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『三毛猫ホームズの駈落ち (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『三毛猫ホームズの駈落ち (角川文庫)』にkansasさんがつけたタグ

ツイートする