変見自在 サダム・フセインは偉かった

3.52
  • (3)
  • (11)
  • (13)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 10
著者 :
kantadamouhuさん  未設定  読み終わった 

断定的な口調、過激な内容に惹かれたが、疑問に思う箇所も多々ある。本書もまた一面的な見方でしかない。

アメリカの中東戦略は理解できた。アメリカも自国の繁栄のためには、攻撃だけせずに時には敵を利用する。だから、利用価値がなくなれば、当然敵を攻撃することもある。ただ、それだけである。

日本も自国を守るには、複眼的思考と戦略を持って外交を行わなければならない。その為には、政治家・官僚・財界だけではなく、一般市民も学んで見識を身に付けることが必要である。

本書のような極端な立場からの言説は、人々に「物の見方は多様に存在する」ことを気付かせるという点において有用である。

レビュー投稿日
2011年10月29日
読了日
2011年10月29日
本棚登録日
2011年10月29日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『変見自在 サダム・フセインは偉かった』のレビューをもっとみる

『変見自在 サダム・フセインは偉かった』にkantadamouhuさんがつけたタグ

ツイートする