「わからない」という方法 (集英社新書)

3.47
  • (51)
  • (60)
  • (157)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 734
レビュー : 82
著者 :
おいもさん  未設定  読み終わった 

わからない人が抱える「何がわからないかがわからない」という点をうまく使って、何もかもをスポンジのように吸収してしまう方法論。
気づきを得るためには、常にアンテナをピンと張る必要がある。加えて、これまでの蓄積とリンクさせれば、飛躍させることができる。
知性する身体という擬タイトルに痺れた。

レビュー投稿日
2019年3月17日
読了日
2019年3月17日
本棚登録日
2019年1月31日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『「わからない」という方法 (集英社新書)』のレビューをもっとみる

『「わからない」という方法 (集英社新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする