ツナグ (新潮文庫)

3.92
  • (1073)
  • (1999)
  • (1057)
  • (153)
  • (23)
本棚登録 : 12233
レビュー : 1470
著者 :
kaopinさん 小説   読み終わった 

死んでしまった人に、生きているうちにたった1人だけ会えるとしたら。。。

その仲介をしてくれる使者(ツナグ)連絡することが出来たなら。。。

私は誰かに会うんだろうか。


会いたい人はそれぞれだけど、物語の中で死者に会った4人のエピソード、共感できるものでした。

止まったままの時間がまた動きだすような安心感。
本当に死を受け入れなくてはならない喪失感。

どちらだとしても、今を生きている人は、そっと背中を押されることになるのだと思いました。


もし、この世に本当にツナグが存在し、電話番号を探し当てたとしたら、私は誰かと繋がる事が出来ると思うそれだけで、頑張っていける気がしました。。。

レビュー投稿日
2015年1月20日
読了日
2015年1月20日
本棚登録日
2013年8月28日
7
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ツナグ (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ツナグ (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ツナグ (新潮文庫)』にkaopinさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする