王妃マリー・アントワネット 華やかな悲劇     (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年2月25日発売)
3.85
  • (4)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 4
2

後半になるにつれて政治色が強い記述になってたのが残念。ベルバラの枠を超えてない。
でもベルバラより芯や意思の強い人だったことが伝わってきた。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: biography
感想投稿日 : 2012年4月5日
読了日 : 2012年4月5日
本棚登録日 : 2012年3月13日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする