ころころろ しゃばけシリーズ 8

3.81
  • (167)
  • (305)
  • (280)
  • (17)
  • (1)
本棚登録 : 1968
レビュー : 270
著者 :
かおるひめさん ファンタジー(日本)   読み終わった 

目が見えなくなった若だんな。
どうしたら光を取り戻せるか、手掛かりを求めての、
5編の連作短編集。

はじめての・・・事の発端は若だんな12歳のとき。
生目社の再建に関わる事件と母娘の葛藤、そして初恋!

ほねぬすびと・・・目が見えない!周囲が心配するも、
今度は店自体が不可思議な干物事件に巻き込まれ、
不自然な若だんな心配する始末。

ころこころ・・・河童を探す仁吉は思わぬ者たちに頼られ、
面倒に巻き込まれてしまう。だが、目的の場所は、
彼らが向かうところと同じ場所!?

けじあり・・・女房と共に店を切り盛りする佐助。しかし、
この違和感は?そんな悩める彼の前に現れた者とは!

物語のつづき・・・神様ホイホイwで
事件の原因の神ゲット!光を取り戻すために、
対峙する若だんなたち。

相変わらずの話の展開です。鳴家大活躍!

レビュー投稿日
2017年11月20日
読了日
2009年10月15日
本棚登録日
2017年11月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ころころろ しゃばけシリーズ 8』のレビューをもっとみる

『ころころろ しゃばけシリーズ 8』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ころころろ しゃばけシリーズ 8』にかおるひめさんがつけたタグ

ツイートする