日本史有名人の臨終図鑑 2

著者 :
  • 新人物往来社 (2010年5月13日発売)
3.43
  • (1)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
感想 : 3
3

前作に引き続いての、臨終図鑑第二弾。
時の権力者から武将、文学者等、名だたる者70人の病歴と臨終。
30代までに亡くなった人々・・・八百屋お七、浅野内匠頭など、10人。
40・50代で亡くなった人々・・・井伊直弼、岩崎弥太郎など、18人。
60代で亡くなった人々・・・真田昌幸、後白河法皇など、16人。
70~90代で亡くなった人々・・・間宮林蔵、伊藤若冲など、17人。
亡くなった年齢が不詳の人々・・・小野小町、那須与一など、9人。
五十音順と時代順の人名索引有り。前作の人名も含む。
2ページに略歴とカルテ(受診者情報、家族歴、病歴等)での構成。
れきがく養生所・新館の病室にいる方々はどんな人たち?
臨終図鑑とは言え、切腹や自害、討死、死因不詳が目立ちます。
それと60代以上が半数以上のためか、老衰が増えたような~。
面白いのは、お市の方の娘三人とか、華岡青洲夫妻とか、
海軍陸軍の秋山兄弟とか、家族関係が目立つこと。
あ、忠臣蔵関係も同様。
前作以上に辛口&下世話なコメントが目立つ感じがしますが、
生前の病歴と著者による診断は、推測といえど詳細です。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 人物伝
感想投稿日 : 2020年3月10日
読了日 : 2020年3月10日
本棚登録日 : 2020年2月27日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする