タイトロープダンサー〈STAGE5〉 (リンクスロマンス)

4.23
  • (24)
  • (10)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 18
著者 :
カオルさん BL小説   読み終わった 

この本のレビューと言うか、このシリーズについての感想。

イクリプスで購入し始めたこのシリーズ、途中の『ファントム・ペイン』まで
読了後に生活環境の変化等から新刊をチェックしなくなり、続きを読んで
いないまま2014年を迎えた。
たまたま本屋で番外編である『カデンツァ』を見掛け、懐かしさと共に
シリーズが続行していた事にとても驚いた。
そして改めて『青の軌跡(上)』から読み返し、『タイトロープダンサー』
最終巻まで読了。

シリーズ開始時に理解出来なかった部分の多かったカイの心理描写は
今読むと素直に受け止める事が出来た。
徐々に変化した部分、変わらなかった部分、カイも周りもひっくるめて
人間が人間らしく描かれている作品だと思う。
全てが生々しく愛おしいキャラクター達。

分類的にはBL小説だが、実際にはかなりの比率で人間ドラマであり、
サイエンス・フィクションである。
それでいてBLで無ければならない。
シチュエーション恋愛BLでは物足りない人に、是非読んでもらいたい
作品。
きっと脳内で一大ロードショーが繰り広げられ、ラストはエンドロールが
流れる事になるだろう。

レビュー投稿日
2014年2月24日
読了日
2014年2月24日
本棚登録日
2014年2月24日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『タイトロープダンサー〈STAGE5〉 (...』のレビューをもっとみる

『タイトロープダンサー〈STAGE5〉 (リンクスロマンス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『タイトロープダンサー〈STAGE5〉 (リンクスロマンス)』にカオルさんがつけたタグ

ツイートする