皇帝つき女官は花嫁として望まれ中 (一迅社文庫アイリス)

3.63
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
著者 :
kapibaraさん  未設定  読み終わった 

前世騎士として仕えていた国の皇帝(当時は皇子)に、今世では別の国に立場からまた仕えることになって……。
という事なら、皇帝との関係が取り沙汰されそうだがそうでもなく。
前世での関係性に関する心理的な描写が薄く、今世でも再び会えて良かった感があまり無く。
色々と設定を詰め込んで文章が認められているので、キャラクターに感情的に寄り添えず終わったイメージ。
印象に残ったのは、時々笑いそうになる皇帝の言動くらいだろうか。

設定は面白かったが、もう少し読者がついていけるスピードで表現して欲しかったかも。

レビュー投稿日
2018年7月6日
読了日
2018年7月6日
本棚登録日
2018年7月6日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『皇帝つき女官は花嫁として望まれ中 (一迅...』のレビューをもっとみる

『皇帝つき女官は花嫁として望まれ中 (一迅社文庫アイリス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

佐槻奏多の作品一覧

佐槻奏多の作品ランキング・新刊情報

ツイートする