機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)

4.23
  • (78)
  • (72)
  • (32)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 402
レビュー : 62
著者 :
河童猿さん  未設定  読み終わった 

シリーズ第4弾です!

第1~3作目までは、
龍機兵の3人のパイロットについて、
それぞれ一人ずつ、物語の軸に据え、
各人の、暗ぃ過去を織り交ぜながら、
警視庁特捜部(架空)での任務が、
写実的(風)に描かれていましたが…、

本作では、特捜部の捜査・運営側の、
由起谷主任と城木理事官を軸に据え、
チェチェンから潜入した、哀しき、
女性だけの自爆テロ集団との攻防を、
家族と悲哀の交錯した物語で描く…、
といぅ、よりハードなお話ですが…、

安定感のある設定と作風も相まって、
作品の世界観にもグッと引き込まれ、
また、考えさせられる部分もあって、
エンターテインメント小説としては、
抜群に面白かったです!!

多くの伏線と、一縷の救いを持って
終幕した、今後の展開に期待です!!

本シリーズは、
『パトレイバー』ハードボイルド版、
のよぅな設定であり、作品ですが…、

本作では、
本来の主役である「龍機兵」が、
脇役的な立ち位置となっており、
その点からも、
『パトレイバー』の劇場版第2作と、
よく似た雰囲気もあったかも…。

食わず嫌ぃで未読の方は、ぜひ…!!

レビュー投稿日
2015年1月13日
読了日
2015年1月13日
本棚登録日
2015年1月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリ...』のレビューをもっとみる

『機龍警察 未亡旅団 (ハヤカワ・ミステリワールド)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする