異世界食堂 洋食のねこや(1) (角川コミックス・エース)

  • KADOKAWA (2021年9月25日発売)
3.75
  • (2)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 4
5

■書名

書名:異世界食堂 洋食のねこや(1)
著者:犬塚 惇平 (原著), ヤミザワ (著), モロザワ (著), エナミ カツミ (デザイン)

■感想

2巻の後に読んだ1巻です。
アレッタの話しや、赤の話しが個人的には好きでしたね。

特に深い内容は無いですが、色々な料理を美味しそうに食べる異世界人
のエピソードです。

不思議なのは本当に内容は特にないんですよね。
でも、個人的に好きなんですよね。
若い時であれば絶対好きになっていないだろうな~という漫画だと
思うのですが、変な嗜好になったものです。

と色々考えてみて無理やり行き着いたのは、年齢を重ね「食べる喜び」という
部分が少し大きくなったからかな?と感じました。
この漫画ストーリーは特に無いですが、「当たり前に存在するものを食べる喜び」
はしっかり描いているな~と感じます。

この部分が自分として面白く感じているのだろうと思います。
居酒屋のぶを好きな理由も同じかな~

本なんて、合う合わないだけですので、楽しいか楽しくないかも自分で読んでみない
事には分からないです。
他人の評価も自分とは合わないな~と思うだけです。

まあ、そんなもんですよ。本なんて。
何の話しかよくわからなくなりましたが、感想でした。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 漫画
感想投稿日 : 2022年5月1日
読了日 : 2022年5月1日
本棚登録日 : 2022年5月1日

みんなの感想をみる

ツイートする