寄生獣(8) (アフタヌーンKC)

3.99
  • (115)
  • (48)
  • (109)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 761
レビュー : 24
著者 :
からべーさん 漫画   読み終わった 

■書名

書名:寄生獣(8)
著者:岩明均

■概要

「なぜ寄生生物は生まれたのか?」自身の存在に疑問を抱く寄生生物・田村玲子。
しかし、本能のまま人間を補食しつづける仲間たちは彼女を危険視し始める。
また、家族の命を奪われた探偵・倉森も田村玲子への復讐を開始するのだった。
自分とは異種である人間の子供を誘拐された田村玲子のとった行動とは―。
人間とは?寄生生物とは?今、下される1つの回答。
(amazon.co.jpより引用)

■感想

なかなか衝撃的な巻です。
田村玲子編はここで幕を下ろします。

こういう部分が、この作者の天才的な所だな~と思います。
メインキャラクターを殺す時の言葉、態度が非常に印象的です。

レビュー投稿日
2017年8月27日
読了日
2017年8月27日
本棚登録日
2017年8月27日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『寄生獣(8) (アフタヌーンKC)』のレビューをもっとみる

『寄生獣(8) (アフタヌーンKC)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする