九十九十九 (講談社ノベルス)

3.31
  • (60)
  • (77)
  • (251)
  • (35)
  • (13)
本棚登録 : 773
レビュー : 113
著者 :
六彦さん  未設定  読み終わった 

2008/05/01
清涼院流水作品のトリビュートもの。元の小説を読んだらもっと楽しいかもしれない。
なんだか駄洒落の嵐。「美しすぎて人を失神させてしまう」ってちょっと主人公ww笑
舞城王太郎の作品は理解しようと努力しないことに決めているので、わかんないところは意識せず読みました。
それでも、この作品がどれだけトチ狂ってる(いい意味で)かはわかる。うん、舞城王太郎は大丈夫なのか?
驚きと賞賛と罵倒の意味を込めて「この本キモッ」と言いたい。

レビュー投稿日
2008年5月4日
読了日
2008年5月4日
本棚登録日
2008年5月4日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『九十九十九 (講談社ノベルス)』のレビューをもっとみる

『九十九十九 (講談社ノベルス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする