ぬるい眠り (新潮文庫)

3.36
  • (146)
  • (460)
  • (996)
  • (91)
  • (20)
本棚登録 : 4447
レビュー : 500
著者 :
こぶたちゃんさん 江國香織   読み終わった 

江國 香織ファンならとりあえず読むか感覚の短編集。
他人には特にお薦めないかな。。
まとまってなかった単作を単にまとめてもらったそう。
だいたいは20代前半に書かれたもので、そうでもしないと広く読まれない作品があるわけなので仕方ないですが。
この中では恋愛ものじゃないのが面白かった。
葬式に行くのが趣味の「清水夫妻」と中年母娘のおかしな会話がツボの「奇妙な場所」と大学時代の友だちとの会食に小さな幸せを感じる「放物線」が好きかな。
恋愛ものは相変わらず少々うっとうしかった。
このうっとうしさに今は食傷気味。
恋愛小説を読みたくない気分だったらしい。
じゃあ江國香織を読むなと突っ込まれそうですが。上手だし安心だし、サクッと入り込めるので、つい。

レビュー投稿日
2015年2月5日
読了日
2007年3月29日
本棚登録日
2015年2月5日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ぬるい眠り (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『ぬるい眠り (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『ぬるい眠り (新潮文庫)』にこぶたちゃんさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする