堤中納言物語―マンガ日本の古典 (7) 中公文庫 (中公文庫 S 14-7)

著者 :
  • 中央公論新社 (1999年10月18日発売)
3.38
  • (7)
  • (8)
  • (25)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 157
感想 : 17
3

『雨月物語』と同じときに『堤中納言物語』も借りてみた。河出で最近出てる池澤夏樹が編集しているシリーズで、川上さんや江國さんが書いている本にこの話があり、内容をほとんど知らなかったので。
しかし、まんがでもわかりにくくて、ちょっとずつ読んでた。絵柄的に人の区別がつきにくかったからかも。

落ちがあるようなないようなワンエピソードな感じ(この部分を描きたかったんす!みたいな感じ)。昔からこんな感じの物語があったんだなぁって思った。

最後の解説「解中納言物語(ほどきちゅうなごんものがたり)」が役立ちました。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 古典・古典エッセイ
感想投稿日 : 2016年3月6日
読了日 : 2016年3月5日
本棚登録日 : 2016年3月6日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする