水銀灯が消えるまで (集英社文庫)

3.38
  • (8)
  • (21)
  • (40)
  • (8)
  • (0)
本棚登録 : 261
レビュー : 36
著者 :
かりささん 日本小説   読み終わった 

『水銀灯が消えるまで』…見慣れないタイトルに書き下ろし?と思ったら『長崎くんの指』を改題したのですね。綺麗なタイトルに酒井駒子さんの素敵なイラスト、そして名久井さんのデザインに惹かれて再読。さびれた遊園地「コキリコ・ピクニックランド」に集うわけありの人々、それぞれのひとつひとつの物語が今でも鮮やかに思い出されることに驚く。ふわふわ心許ないけれどそれが当時は心地良かった作品が、実は自分の中ではしっかり根付いて忘れられないものに育っていたんだなぁ。さらに愛おしい作品になりました。あとがきの短篇はやっぱり秀逸。

レビュー投稿日
2013年5月7日
読了日
2010年2月21日
本棚登録日
2013年5月7日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『水銀灯が消えるまで (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『水銀灯が消えるまで (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『水銀灯が消えるまで (集英社文庫)』にかりささんがつけたタグ

ツイートする