春琴抄 (新潮文庫)

3.90
  • (758)
  • (669)
  • (909)
  • (43)
  • (4)
本棚登録 : 6207
レビュー : 743
著者 :
カルマさん  未設定  読み終わった 

小説執筆の勉強をしているなら、これだけは読むな、という小説の1つ。なぜなら再現性がないから。
人物や描写はもちろん「良い」のだが、それよりなにより、文体の美しさが驚異的で、かつ分かりやすい。といって詩的なわけではなく、あくまで伝記的な小説なのだ。
文豪というのは、こういう上空に抜き出た筆力を持っている人のことを言うのだな、と脱帽すること間違いなし。
僕はこの春琴抄を読んでから、三日間、何も書けなくなった。

レビュー投稿日
2015年5月7日
読了日
-
本棚登録日
2015年5月7日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『春琴抄 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『春琴抄 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする