戦乱と民衆 (講談社現代新書)

3.46
  • (4)
  • (14)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 155
レビュー : 19
kasaharapapaさん  未設定  読み終わった 

白村江の戦いと民衆:ではなぜ、倭国軍は敗れたのか。答えは明らかです唐の軍勢は国家軍であり、訓練されて統制のとれた軍隊ですが、倭国軍は豪族軍の寄せ集めであり、国家軍ではありません
戦いにおいて最も重要なのは、実は戦意を支える忠誠心とモチベーションです。国家軍にはそれがありますが、豪族軍にはありません
応仁の乱と足軽:民衆が必ずしも反権力の動きをしていたわけではないと言う事実です。民衆は、その時の状況に応じて本権力的な動きを見せることもあれば、権力の手先として動くこともあった
私が不思議でならないのは、例えば新選組の視点に立って京都の幕末を見る人は極めて多いのに、先ほどご紹介したような、夏の暑い盛りにくさった死体をひっくり返してお金を集め、新京極にお店を出した男の視点と言うのは、一切ない

レビュー投稿日
2021年1月4日
読了日
2021年1月4日
本棚登録日
2021年1月4日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『戦乱と民衆 (講談社現代新書)』のレビューをもっとみる

『戦乱と民衆 (講談社現代新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする