神々の山嶺 上 (集英社文庫)

4.18
  • (411)
  • (325)
  • (197)
  • (15)
  • (3)
本棚登録 : 2287
レビュー : 251
著者 :
kasaharapapaさん 小説   読み終わった 

願望と現実の違いぐらいは理解できる。”行きたい”ということと、”行く”ということがどれはど違うか 森の中を歩いている時、獣道に迷い込んで、ふいに濃い獣臭を嗅ぐことがある。その男を見た時、深町は、その臭いを嗅いだような気になった マロリーのことば:アルプスで過ごした良き一日は、すぐれた交響曲に似ている 誰も、いちいち、過去の自分の感情にひとつずつ名前を与えながら生きていけるわけでもないし、自分の行動に理由をつけながら生きているわけでもない 

レビュー投稿日
2015年11月13日
読了日
2015年11月13日
本棚登録日
2015年11月13日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『神々の山嶺 上 (集英社文庫)』のレビューをもっとみる

『神々の山嶺 上 (集英社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする