嵐が丘 (ジュニア版・世界の文学 16)

3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 2
著者 :
制作 : 鳥居 敏文  大和 資雄  十和田 操 
霞ひのゆさん 海外作家   読み終わった 

「トワイライト」のベラが愛読していたので借りてみた。

な、なんつう昼ドラ…。
読みはじめは登場人物の区別がつくまで四苦八苦し、
中盤では全員のワガママさ加減や悪行に唸り、
最後には物語にかかわったすべての者に同情したくなるという、まさにのめり込んで楽しめる名作。
言い回しが何だか懐かしいのも没頭できた理由かも。
刺さるような寒さの現実世界から、本を開けばたちまち一行で「嵐が丘」の世界に行けた。
久々にこういう物語に出会った気がする。
面白かった。

レビュー投稿日
2011年12月13日
読了日
2011年12月13日
本棚登録日
2011年12月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『嵐が丘 (ジュニア版・世界の文学 16)』のレビューをもっとみる

『嵐が丘 (ジュニア版・世界の文学 16)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする