空の中 (角川文庫)

3.93
  • (1829)
  • (2542)
  • (1668)
  • (243)
  • (46)
本棚登録 : 18416
レビュー : 1639
著者 :
kasumi-souさん 小説(有川浩)   読み終わった 

SFぽい話なんだけど、とても切なかった。生物の共存に対する人間のエゴを痛感させられた。

特別書き下ろしの『仁淀の神様』。
読んでいて泣いてしまった。こんな展開はずるすぎる。

それにしても有川さんの作品に登場する人はみんなまっすぐでどうしてこんなにかっこいいんだろう。
光希の姿勢に、高巳の言葉、宮じいの言葉に励まされた。
有川さんの作品を読めば読むほど、登場人物に恥じないような生き方をしたいと思う。

今回の作品は初期のものだけど、粗削りかもしれないけれど、文章がナチュラルでよかったと思う。

レビュー投稿日
2013年1月22日
読了日
2013年1月22日
本棚登録日
2013年1月22日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『空の中 (角川文庫)』のレビューをもっとみる

『空の中 (角川文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする