先生と僕 (双葉文庫)

3.59
  • (99)
  • (224)
  • (286)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 1970
レビュー : 192
著者 :
kasumi-souさん 小説(坂木司)   読み終わった 

大学生18歳の二葉さんと中学生の隼人君が様々な事件を解決する日常ミステリ。二葉さんが家庭教師のはずなのに、なぜだか隼人君が先生のように事件を解決していく。この二人の会話やコンビの感じがどこか面白くほほえましい。二葉さんが苦手とするミステリも、隼人君が読めるものをと読書案内する様子もなんだかおもしろい。様々なミステリを紹介されるので、ちょっと読んでみたくなる。
特に、最後の一文。ずっと読もうと思いながら読めていない本のタイトルが...。これを機会にシリーズを読み崩していこうと思いました。
そして、特別編には著者のシリーズものとのコラボがあり、ちょっと豪華な感じが。将来的には何か関係するのかな?ひょっとして恋愛もありうるのかな?とちょっと期待。

レビュー投稿日
2014年1月31日
読了日
2014年1月31日
本棚登録日
2014年1月31日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『先生と僕 (双葉文庫)』のレビューをもっとみる

『先生と僕 (双葉文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする