さよならドビュッシー (宝島社文庫)

3.76
  • (663)
  • (1297)
  • (914)
  • (196)
  • (38)
本棚登録 : 7966
レビュー : 1175
著者 :
kasumi-souさん 小説   読み終わった 

読み始めて、何となく展開がわかってしまったけど、最後まで読んで、犯人の心情や背負わざるおえなかったことがどういうことなのか、そのあたりの心理はすごいなと思った。全体を通して音楽というより心理的な部分が面白かったです。
音楽の話が中心で、ピアノを趣味で習っていたので、こんな風に習ったら楽しいだろうなと思いました。ちょっと読むのが面倒な部分もありましたが(苦笑)。どこかのだめのような感じもします。
最後まで読んで、タイトルの意味にも納得でした。

ピアニストであり探偵の岬洋介のキャラクターにひかれるものがあり、今後の活躍も楽しみ。シリーズ続編も読んでみたい。

読み終わった後、ピアノを弾きたくなりました。

レビュー投稿日
2013年2月17日
読了日
2013年2月17日
本棚登録日
2013年2月17日
3
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『さよならドビュッシー (宝島社文庫)』のレビューをもっとみる

『さよならドビュッシー (宝島社文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする