それでも歩は寄せてくる(1) (KCデラックス)

4.11
  • (11)
  • (9)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 134
レビュー : 13
著者 :
kasuranさん かーの本棚   読み終わった 

なんだこのどっちも気持ちを隠してないし、隠そうともしないのに先輩は自滅するし、後輩は踏み込んでくるけど最後の一線は越えないシチュエーションは。時々後輩がボロを出しそうになるあたりかわいい。どちらも鈍感ではないので、変なムズ痒さはあまりないんだけど、後輩の男性の好意の出し方と先輩の好意の出し方、西片が気づいていない好意と、高木さんの女性の好意の隠し方がどれも秀逸。私はどっちも好きだが、実は高木さんはアニメ見てるだけで読んでいない。何しろ11巻も出てるので中々。というかこれくっつけられるのか?

レビュー投稿日
2019年9月9日
読了日
2019年9月9日
本棚登録日
2019年9月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『それでも歩は寄せてくる(1) (KCデラ...』のレビューをもっとみる

『それでも歩は寄せてくる(1) (KCデラックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

山本崇一朗の作品一覧

山本崇一朗の作品ランキング・新刊情報

ツイートする