みんなの家族がたくさん出てくる巻。みんながみゃー姉のファンになってる…?ノア(一家)が特に毒されているような。なんだかんだで良いお姉さんしてるもんな。ノアの変装のアホ毛は多分ショッカーライダーの黄色いマフラーみたいなものだと理解。花ちゃんの悪魔化が進んで良い感じに。

2023年8月7日

読書状況 読み終わった [2023年8月7日]
カテゴリ かーの本棚

出版が2020年という事で、関西の鉄道事情が今と大きく変わってしまった部分があるものの、阪急の歴史の部分について紐解いて行く部分は特に変わりはない。タイトルは多少詐欺感があるが、阪神間を走る阪急、阪神、JRでは明らかに客層が違うのは一度それぞれの路線に乗ってみれば諒解できるかと。別に阪急がお高く止まっているわけではないのですが、高級住宅地を走るため身なりの良い人が多いのは確かにそう。反面、上記3社では阪急の駅が建物として一番老朽化しているという意外な面があったりもする。

2023年7月19日

読書状況 読み終わった [2023年7月19日]
カテゴリ かーの本棚

高校生組はあれとしても、社会不適合者が多い(笑)。泊まりで出かけるなんて中々難しいのが現実。土日潰して出かけると翌週は使い物にならないほど疲れる歳なので、バイタリティが羨ましい。ガジェットがもっとわらわらと出てくるともっと楽しいんだろうけど、現状時々カメラが出てくるだけ。ゆるキャン要素は減ったけど、今度はホラー要素が。被らないようにするの難しそう。

2023年7月5日

読書状況 読み終わった [2023年7月5日]
カテゴリ かーの本棚

新キャラは徐々に日常にフィットしていっている感じ。話の時間を進めるために出てきたキャラと思われるし、それぞれが新しい仲間と新しい時を過ごす時間が生まれてきている。高3組の進路の話も具体的になってきて、まるで自分の子供が巣立っていくような寂寥感を感じるがきっとこの娘達は自分で道を切り開いていくのだろう。残されてしまう立場になるチノちゃんも寂しくならないようにケアされているのも一層切ない。

2023年7月5日

読書状況 読み終わった [2023年7月5日]
カテゴリ かーの本棚

あっ…やべえ、元ネタが1/3ぐらいわからなくなってきてる。知らないサーバントもいる。どうすれば……

2023年6月27日

読書状況 読み終わった [2023年6月27日]
カテゴリ かーの本棚

あとがきにも記されているように、氏の対談本の中でもかなり読みやすい部類。各方面の第一人者との対談であるが、佐藤氏が聞き手に徹しているため、議論の部分に少々物足りなさを感じる。とはいえ、対談数が多いので楽しめる?本ではあると思う。氏が男系維持派なのは意外。その理由を読めばなるほどと思わせる。

2023年6月22日

読書状況 読み終わった [2023年6月22日]
カテゴリ かーの本棚

部長が色々と狂ってる。長瀞さんとセンパイが中々いい感じになってきて私好みの方向に進んでいっていることに喜びを禁じえない。コロコロと表情が変わる長瀞さんがかわいい。

2023年6月3日

読書状況 読み終わった [2023年6月3日]
カテゴリ かーの本棚

YouTubeでいつも見ています。書き下ろしですが、脳内再生余裕です。言語学素人と言ってはいるものの堀元さんが結構核心を突いてくることがあって面白い。で、調子に乗った堀元さんの梯子を外してくる水野さんとのやり取りが楽しい。本来はもっと細かい話がたくさんあるんだろうけども、一般の人がついてこれる丁度いい内容に落とし込んでいる匙加減が良い。これを読んで面白いと思った人はYouTubeも多分楽しめるはず。

2023年5月16日

読書状況 読み終わった [2023年5月16日]
カテゴリ かーの本棚

リリスのテレ顔がとてもかわいい。このよくわからない不思議な気持ちに名前がついてしまってこれからどうなるのか。

2023年5月11日

読書状況 読み終わった [2023年5月11日]
カテゴリ かーの本棚

写真に映らないってのは吸血鬼でよくあるやつだけど、ちょっと不穏な空気を感じた(最後みんな忘れちゃうとか)ので心配したのね。でも、絵で残すという伏線回収で素敵な話だなと。あと、楠木さんがいい味出してる。それにしても保護者が多い。

2023年5月11日

読書状況 読み終わった [2023年5月11日]
カテゴリ かーの本棚

誰も止める人がいないってこわいことですね(笑) 結構全員が暴走してる。わちゃわちゃした雰囲気は良かったけども、2巻で終わっちゃうのは予定通りなのかな。

2023年5月5日

読書状況 読み終わった [2023年5月5日]
カテゴリ かーの本棚

山中くんカッコいいね。中学生で中々そこまでストレートに告白できるもんじゃない。それほど波瀾万丈な展開でもなく、淡々と時間が過ぎるような内容なのに最後駆け足になっちゃったのが残念。

2023年5月5日

読書状況 読み終わった [2023年5月5日]
カテゴリ かーの本棚

遂に日中戦争の幕が切って落とされようとしている。張作霖爆殺事件に始まり、柳条湖事件、この後に続く満州事変と関東軍(特に板垣征四郎と石原莞爾)の暴走は止まらない。そんな中、田中義一総理をある種その時の怒りに任せ辞任させ、末には命を絶たせてしまった。おそらく義憤に駆られてのこととは思うが「後悔」という言葉を残す。その後は濱口雄幸が総理に就任するが、今も東京駅に残る「浜口首相遭難現場」で有名な濱口総理である。原敬といい、濱口雄幸といい、陛下が篤く信頼を寄せていた総理が悉く暗殺される陛下の心中はいかばかりか。
北一輝の暗躍が始まっている。右翼系社会主義者として有名で、後に二・二六事件の黒幕として昭和維新を唱える。作中に出てくる安藤輝三も加わることとなる。事件の後始末はしたとは言え、結果的に後ろ盾として担がれた感のある秩父宮殿下も軽率な行動だったと言えるのかも知れない。

2023年4月18日

読書状況 読み終わった [2023年4月18日]
カテゴリ かーの本棚

やべえな、そろそろ元ネタがわからないものが出てきてる……大体はわかるけど、ごく一部わからないものが。さすがに2年ログインしてないとこうなるか。
でも単純にマンガとして面白いのでそういう点は特に気にならない。聖杯貯まりすぎはわかる。本当にあるある。

2023年4月15日

読書状況 読み終わった [2023年4月15日]
カテゴリ かーの本棚

女子大生2人のほのぼの系GL料理マンガ。ほのぼの系……みかん氏先生が?とは言え、森先輩には色々ありそうな伏線あり。お互い女の子が好き(先輩はまだわからないけど)な事はカミングアウトしていないけど、語るに落ちているのでお互いわからんことはないでしょ。それにしても唐揚げ食べたくさせられる作品だな。

2023年4月6日

読書状況 読み終わった [2023年4月6日]
カテゴリ かーの本棚

うるし父が可愛すぎる。すべてが杞憂だったというか、実は読み手にはそれほど気になってた伏線でもなかった伏線が回収されたとも。まあ、いくらでもハードな展開にしようと思えばできただろうに、誰もそれを望んでいないのをわかった上でのこの展開だろう。何にせよ、皆さん色々と思うところがあって、ちょっとずつ進展している中、桜子だけが物凄いスピードで先を行く展開。まあ、高校生だし別におかしかないか。

2023年3月26日

読書状況 読み終わった [2023年3月26日]
カテゴリ かーの本棚

ちょっと最近氏の著書の内容がプロレス的になってきているところはあるのですが、本線としては概ねそういうことなんでしょう。雑誌等に掲載している文より、メールマガジン(しかも有料)で個人で発信している文なので、責任は完全に個人に帰属しますし、他社の手が介在する余地がありません(鍋谷氏は多少介在するのですが……) 現実的には辛坊氏と鍋谷氏はほぼ同じと考えて良い感じですので、そこはまあ良いとして。もうちょっと広い場所で発信して欲しいな、とは思います。本人が仕事を絞っているのでどうしようもないのかも知れませんが。

2023年3月26日

読書状況 読み終わった [2023年3月26日]
カテゴリ かーの本棚

2巻はリリス視点の話が多め。もはや何が怪しいのかよくわからない。リリスが照れる表情が何とも言えずかわいい。2人とも語るに落ちてるので、この先どんな感じで話が進んでいくのかな。

2023年3月20日

読書状況 読み終わった [2023年3月20日]
カテゴリ かーの本棚

最近メイドものが多いような気がしなくもないですが、2話辺りまではよくあるマンガ感だったところでの3話凪風登場。むしろこの凪風の方がメインヒロインの立ち位置。また2話以降所謂ラッキースケベ的な描写が無くなった事から、路線変更したのか?最後続けざまにメイドが2人も増えて連載の危機かと思ったら5巻まで出てる。案外長く続いてますね。

2023年3月1日

読書状況 読み終わった [2023年3月1日]
カテゴリ かーの本棚

やっぱりわからない系のこの雰囲気好き。マンガでわかるFGO(わからない)と同種。あそこまではっちゃけてないが。発売と同時に買っていたけれど、今更読んでみた。そういや、年末に唐突にアニメ化もされていましたね。

2023年2月10日

読書状況 読み終わった [2023年2月10日]
カテゴリ かーの本棚

めりはち先生の新作ということで即ゲット。私にしては購入から読むまでが早かった。現状百合要素(見た目上)は大分薄め。登場人物たちの距離が近づいたり離れたり、絡まったりと複雑な様相を呈しているが、まだまだ謎な部分も多い。最後にはもうひとり厄介そうなのが出てくるようですし(みんな厄介) 幼女先輩の年齢が全然わからないが、25歳の姉の同級生……?ああ、あれか。光画部の鳥坂先輩のようなものか。唯一心配なのは、ウルトラジャンプでこの作品やっていけるのか……

2023年2月2日

読書状況 読み終わった [2023年2月2日]
カテゴリ かーの本棚

もうこいつらがくっつくのは既定路線なんだから、早く主任と早川さんくっつけ。むしろこの2人の方がニヨニヨするわー

2023年2月2日

読書状況 読み終わった [2023年2月2日]
カテゴリ かーの本棚

このサイズの本だとこの厚さで1000円ほどってのは普通だから買ったときには気づかなかったのだけど、フルカラーだとは思わなかった。これはお得。いわゆる女装男子モノなんだけども、お互いが正体を知っていながらイチャつくというBLとはちょっと違うけどもあまり見ない設定。いちごちゃん(敢えて)は蒼を落とそうとするし、蒼は自ら落ちようとするんだけども、蒼のイケメン力(ただしウブ)でいちごちゃんが落ちそうになるという微妙な力関係が面白い。あと、ロングヘアが巻いてるマフラーで少しこんもりしてるのは大好物です(伝われ)

2023年1月31日

読書状況 読み終わった [2023年1月31日]
カテゴリ かーの本棚

色々と進展して心配してたけど杞憂であったと。その設定が進んだ立場に応じた面白さがあるので新鮮さが増している。とは言え、何となく畳み始めてるのかなあ、という気がしないでもない。俺様ティーチャーも完結してるし、そろそろ新作ありそうだし……

2023年1月17日

読書状況 読み終わった [2023年1月17日]
カテゴリ かーの本棚
ツイートする