ダンジョン飯 7巻 (ハルタコミックス)

著者 :
  • KADOKAWA (2019年4月12日発売)
4.27
  • (113)
  • (111)
  • (41)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2070
感想 : 68
5

獣人のイヅツミがパーティに加わり、巻の前半はその顔合わせ回、後半はストーリーの進行が主となっている。行儀の悪いイヅツミだが、そのうち慣れて行儀が良くなっていったりするのだろうか。お話はダンジョンの中と外で話が展開し、慌しくなってきた。題名からメシものとして展開していくのかと思っていたが、実際にはストーリーがしっかり進んでいるので好感が持てる。所々ギャグで中和を図っているが、本質はハードな内容だなと思う。この巻の中ではセンシの過去が明らかになる回が特に良かった。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 未設定
感想投稿日 : 2019年5月15日
読了日 : 2019年5月15日
本棚登録日 : 2019年5月15日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする