白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)

3.89
  • (381)
  • (369)
  • (473)
  • (18)
  • (5)
本棚登録 : 2947
レビュー : 245
著者 :
かたくりさん 9 文学   読み終わった 

主人公、国立浪花大学付属病院で外科助教授、財前五郎は引退する師の東教授の後にはいり教授になると自他ともに認めていた。が、活躍し頭角を現す財前教授に東教授は傲慢さをみる。東は次期教授を財前ではなく他大学の人材を推薦しようとした。医局内で次期人事をめぐり様々な思惑が入り混じる物語。

里見さんにがんばってほしい。
東佐枝子の結婚相手が気になります。

レビュー投稿日
2019年2月18日
読了日
2019年2月20日
本棚登録日
2019年2月18日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)』のレビューをもっとみる

『白い巨塔〈第1巻〉 (新潮文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする