容疑者Xの献身 (文春文庫)

4.20
  • (5601)
  • (4066)
  • (2569)
  • (188)
  • (42)
本棚登録 : 32512
レビュー : 2938
著者 :
katatumuruさん 東野圭吾   読み終わった 

読み終わった後感動で胸が震えました。
あやうく涙が出そうでした。

容疑者Xの献身。
タイトルからして一度見たら忘れないインパクトのあるタイトル。
黒い表紙に赤いバラが一輪。
その全てが感動に色を添えてると思いました。

とにかく内容は何も語れません。
下手なことを書いて少しでも小説の内容が分かるようなことはしたくないです。

中盤から話の中に引き込まれて、小説の風景が見えてきました。
登場人物の誰かになってこの本の中にいました。
ここまで引き込まれるのは久しぶりです。

実は私、東野圭吾さんの本の中でガリレオシリーズは好きじゃないんです。
でもこれは別格だと思いました。
まったく違う雰囲気だと思います。

また、この作品は映画化されるようですが、作中の石神さんは私の中のイメージでは完璧に温水洋一です。

レビュー投稿日
2013年8月8日
読了日
2008年8月
本棚登録日
2013年8月8日
5
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』のレビューをもっとみる

『容疑者Xの献身 (文春文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする