Illusions: The Adventures of a Reluctant Messiah

著者 :
  • Dell (1989年10月10日発売)
4.09
  • (5)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 2
5

この本をはじめて読んだのは高校生の時で、とにかく衝撃を受けた。一言でまとめると、人生は自分の心の持ち方によりどうにでもなるという種の考え方が寓話調に書かれている。受験などでがんじがらめになっている時期だったので、自由に生きる方法もあるという眼を開かせてくれた。色々な物事に対する私の見方の原点はこの本にあるのではないだろうかと今になっても思う。

日本語版はもう手元にないので確認できないのだけど、たしか村上龍訳だった気がする。彼のあとがきにも感銘をうけて、卒業文集にはその引用を使わせてもらった。英語版を手にしたときは、日本語訳よりも宗教がかった表紙だったので、ちょっと躊躇してしまったが、表紙をめくると懐かしい言葉が並んでいた。

迷ったときに勇気を与えてくれる一冊。

読書状況:読み終わった 公開設定:公開
カテゴリ: 小説
感想投稿日 : 2010年1月3日
読了日 : 2010年1月1日
本棚登録日 : 2010年1月1日

みんなの感想をみる

コメント 0件

ツイートする