暴力のオントロギー

3.56
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 4
著者 :
katie1223さん Doctor thesis   読み終わった 

抑圧されたものは必ずどこかで突出場面を見出すし、また見出すように通路付けを行わなくてはならない。社会形成の原点は規則ではなく、規則を形成させる動員たるべき暴力と闘争。

未開社会とはひとつにして全体であろうとする不分割の社会、階級無き社会、支配するものとされるものへの分割がない社会、社会から分離した権力装置のない社会。首長が威信だけをもち、権力をもたないこと、首長制と権力との分離、これが国家無き社会。ーいや、未開社会は完成した、充実した、成熟した社会だからこそ権力を持たない。社会が未分割であり、不平等が生まれないようにすること。つまり政治的なもの、政治権力の出現と戦う権力。未開の平和は社会システムが絶えずに産出するもの。

”本当の意味で平等な社会”とは何か?

レビュー投稿日
2015年8月31日
読了日
2015年8月31日
本棚登録日
2015年4月13日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『暴力のオントロギー』のレビューをもっとみる

『暴力のオントロギー』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする