福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー新書)

3.77
  • (17)
  • (36)
  • (22)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 409
レビュー : 33
著者 :
かちおさん 自然・科学・技術   読み終わった 

生物学者の福岡伸一氏が自然科学はもちろん、文芸、建築、美術、絵本などあらゆるジャンルの本を100冊紹介しているブックガイド。
著者自身が生物学者になるまでに、幼い頃ひらいた図鑑、絵本などから始まり徐々に自然界、生物に興味を持っていくきっかけとなった本を次々に紹介していきます。

少年の頃に読んだジュール・ヴェルヌの「地底旅行」「海底二万里」やヒュー・ロフティングの「ドリトル先生航海記」。

微生物学の父レーウェンフックと画家フェルメールとの意外な関係。

ダーウィンの進化論「種の起源」からリチャード・ドーキンスの「利己的な遺伝子」へ生物学界の流れ。ファーブル昆虫記で有名なファーブルは進化論に批判的だったこととか。

とにかく本を紹介しながらどんどん生物学に興味を抱かせるようなお話が出てくるし、その紹介の流れが一つの物語のようで。

知識はバラバラでは意味がなく、体系化されて初めて身に付くと良く言われますが、この本に紹介される本の流れを見た時にまさにそうなんだなと思いました。

レビュー投稿日
2013年2月18日
読了日
2013年1月24日
本棚登録日
2013年1月21日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー...』のレビューをもっとみる

『福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー新書)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『福岡ハカセの本棚 (メディアファクトリー新書)』にかちおさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする