絶滅寸前季語辞典 (ちくま文庫)

3.87
  • (4)
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 90
レビュー : 7
著者 :
katmaniaさん  未設定  読み終わった 

最近、テレビでも活躍中の夏井先生の本。絶滅寸前の季語を一つ一つ解説していく語り口が、ぽんぽんと気持ちよくて、すいすい読めてしまう。俳句は学校で昔習った程度で、まともに詠んだことなどないが、ちょっと興味がわいてくる。今では消滅しかかっている、季語に使われている習慣は、なんだかもったいない気がする(こいのぼりとか)一方で、季節の移り変わりなど、自然や生物の様子を様々に表現するために生み出された季語には、日本人のもつ感性の繊細さ、豊かさ、奥深さを改めて素晴らしいと感じてしまう。

レビュー投稿日
2017年4月28日
読了日
2017年1月29日
本棚登録日
2017年4月28日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『絶滅寸前季語辞典 (ちくま文庫)』のレビューをもっとみる

『絶滅寸前季語辞典 (ちくま文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。
ツイートする