進撃の巨人(12) (講談社コミックス)

4.08
  • (280)
  • (294)
  • (178)
  • (19)
  • (1)
本棚登録 : 3138
レビュー : 180
著者 :
ナオコさん マンガ   読み終わった 

エレン奪還編。
やばい。面白さ増してる。
鎧の巨人と、巨人たちと、調査兵団と、憲兵団とが入り乱れてのエレン奪還。

死を覚悟したミカサがエレンに感謝を告げるシーンは鳥肌が立った。
あのミカサさえも絶望の淵に立たされ、エルヴィン団長もあんな状態になっちゃって、エレンはやっぱり役立たずで、ここでみんな全滅しちゃうんじゃないかって思った。
こんな局面でエレンの能力発動って!
なんかよくわからなくても希望!

ユミルとクリスタの信頼関係にも心が揺さぶられた。

それに引き換えライナーとベルトルトはなんだかかっこ悪いな(笑)
でもこの二人の故郷がどんなところで、二人がどんな境遇の中にいるのか気になるからとりあえず一旦里帰りしてほしい。

コニーが意外と活躍してたな。

レビュー投稿日
2013年12月9日
読了日
2013年12月9日
本棚登録日
2013年12月9日
1
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『進撃の巨人(12) (講談社コミックス)』のレビューをもっとみる

『進撃の巨人(12) (講談社コミックス)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

いいね!してくれた人

ツイートする