私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない

4.21
  • (41)
  • (22)
  • (13)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 690
レビュー : 48
かとのひもさん 3類:社会科学   読み終わった 

2005年まで韓国には「戸主制」があり、法改正後も今に至るまで男系思想が強く残っている。
江南女性殺害事件が女性嫌悪によるものだとの認識が女性に広まり、女性が声をあげるようになった。

文化背景や事情、共有する事件が異なること、「女性嫌悪」の男性・女性に向けてのきつい言葉もあり、読み進めることにしんどい場面もある。
だけど、日本でも、例えば「育児休暇いいよな」とか、大なり小なりある。
説明することのしんどさは共有できる。

社会に出た子どもたちにガッカリされないよう、ジェンダーに関わることを見直していきたい。

レビュー投稿日
2020年11月6日
読了日
2020年11月6日
本棚登録日
2020年11月6日
2
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『私たちにはことばが必要だ フェミニストは...』のレビューをもっとみる

『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『私たちにはことばが必要だ フェミニストは黙らない』にかとのひもさんがつけたタグ

いいね!してくれた人

ツイートする