考え方のコツ (朝日文庫)

3.60
  • (19)
  • (40)
  • (42)
  • (9)
  • (1)
本棚登録 : 573
レビュー : 49
著者 :
katotakeさん 本・雑誌   読み終わった 

*午前と午後に考える時間をつくる。
*知らないことを調べない。
*思考を書くことで、視覚化する。
紙に書き出し、頭の中をビジュアル化する。
*一考二案を基本とする。
先にいる人を幸せにするためのアイデアを追求する。
*どんなに稚拙であろうと、自分自身のオリジナルのアイデアを信じる。
*誰が、何を、いつ、どこで、何故、どのように、いくらで。を満たすアイデアを出す。
*悩んだら歩いてみる。
観察、経験、実感という行動がアイデアの行き詰まりを打開する。
*未完成なものを人と共有しないことを自分のルールにする。
*想像力は先々を見通そうとすること。
*物事の核心よりもその周辺部にあるものをよく見て思考する。
*真逆の説明をいくつか想像すれば、本質が見えてくる。
*自分がこうだから、ではなく、もし自分だったら。と仮想して行動する。
*人を幸せにすれば、その仕事には必ず利益が生まれる。
*自分について正しい評価をしてくれるのは、自分に対して批判的な人である。
*観察することで想像力を鍛える。
*想像力のベースになるものは良き生活習慣。
著者は早寝早起き、腹6分目、運動、休息を心がけているとのこと。
イマジネーションの果てにクリエーションがある。
*目の前のことにしっかり向き合い、流れに身を任せる。

*コミュニケーションの基本はいつも幸せな自分でいること。
いつも幸せな自分だと考えることで感情をコントロールする。
*どんな人にも、いつも礼儀正しく、同じ態度で接する。
*コミュニケーションの反射神経を鍛える。
*反論しない。というセオリー。
コミュニケーションでは人の欠点を一切気にしない。いい所だけ注目する。
*求められない意見は言わない。
*お願いごとの心得
相手の状況をありったけの想像力を働かせてタイミングを計る。
相手のメリットを考える。
入念な準備をする。
負けると思うケンカをしない。と同じで断られないお願いごとしかしない。
*嫉妬は成功の敵
嫉妬を遠ざける大道はどんな人にも感謝すること。
皆に与えること。
*人脈の有無は、社会にどれだけ信用されているか。で決まる。
*自分が人と人をつなぐハブになる。

*時間にはお金と同様、消費、投資、浪費がある。
*やるべきこと、やりたいこと、欲しいものは全てリスト化する。
著者はTODAY WEEKLY MONTHLY SEASON の4つの時間割を持っている。
*いい仕事をするには、リラックスと集中をうまく配分する。
*毎日変わらない当たり前の仕事を断続することが、仕事の質を高める一番の近道。
*仕事において、どんな立場にいても常に経営者意識を持つ。
*学ぶためには投資が必要。

参考になる考え方が満ちている。
本書を読んで、何事も王道はないと再認識させられた。

レビュー投稿日
2018年12月9日
読了日
2018年9月20日
本棚登録日
2018年12月9日
0
ツイートする
このエントリーをはてなブックマークに追加

『考え方のコツ (朝日文庫)』のレビューをもっとみる

『考え方のコツ (朝日文庫)』のレビューへのコメント

まだコメントはありません。

コメントをする場合は、ログインしてください。

『考え方のコツ (朝日文庫)』にkatotakeさんがつけたタグ

ツイートする